安心安全が約束されている賃貸管理システムを使おう

メリットの多い資産運用法

集合住宅

最近、資産運用にマンション経営を選択する方が増えています。それはマンション経営に非常にメリットが多いからです。マンション経営は、安定した収入を得ることができ、生命保険の代わりにもなり、経済変動にも強く、少ない資金でも始められます。マンション経営の一番のメリットは安定した収入を確保できることです。毎月一定の家賃収入があるので、長期的に安定した収益を上げることが可能です。また、景気の変動を受けにくいという特徴もあります。例えばインフレ局面の場合、現金は物価に対して価値を下げていきますが、マンションなどの不動産は現物資産なので物価の上昇に連れて同じように上昇していきます。ですので、マンション経営は景気変動に強いといえます。さらに、賃貸用のマンションを所有しておくことで生命保険の代わりにもなります。マンションを購入するときに団体信用生命保険に加入しておくと、万が一のことがあった場合でも残った住宅ローンは保険で支払われることになるのでマンションを家族にローン無しで残すことが可能です。家族は相続したマンションで家賃収入を得て生活していくことができます。これらのメリットがあるマンション経営は、住宅ローンを利用することで少ない資金からでも始めることが可能です。加えて、この住宅ローンは家賃収入から返済できるので、マンションを購入した後も少ない資金で経営していくことができます。このようなメリットを活かして、上手くマンションを経営していきたいものです。